お勧めビジネス書とお薦めビジネス書と治験の活性化 by ホーライ

お奨め本(仕事に役立つ本)と、たまにお奨め音楽とお薦め映画 by ホーライ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ロジカル・シンキング研修で僕が学んだもの(講師として)

先週の土曜日と今週の土曜日、2週間連続で研修をやる。しかもほぼひとりで朝の9時から夕方の5時までだ。

内容は「ロジカル・シンキング」。

研修資料の基は以下の本を参考にして作った。

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル




ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル





この研修はなかなか良いと、我田引水しているが、先週の研修のあとに取ったアンケート結果を見ても、受講生の受けもまぁまぁのようだった。


今回は、普段と違い、研修のテーマを与えられた。(自分で決めたのではなく、上からの指示で、しかも「ロジカル・シンキング」と指定された。)

そのテーマを与えられた時に、一緒に研修の実施日まで指定された。有無も無く。もちろん、僕には異論なんぞ、最初から無い。

テーマの指定から研修の実施まで1ヶ月弱だった。

他の研修をやりながら、研修の資料を作ったのでちょっと大変だったが。

研修の内容は絞りに絞って、その代わり、確実に身につくように研修の中で繰り返しロールプレイングや事例検討を(しかも自分の治験のテーマを題材にして)何度もやるようにした。

それが受講生から好評の要因のようだ。



論理的に考え、それを分かりやすく話したり、書いたりする能力はビジネスの基本だ。

僕も研修の資料を作りながら、再度、論理構築の方法とロジカル・シンキングの効果を認識しなおした。


ところで、研修報告書の中に受講生が書いた言葉で一番気に入ったのは「ロジカル・シンキングのようなスキルも大事だが、相手に伝えたいという熱意のほうがもっと大事だと再認識した。熱意がないと所詮だめだ。」というもの。

そのとおり!!(って、研修の成果として、よかったのどうなのか。。。でも、とても良い雰囲気で研修がやれたので、今度の土曜日も引き続き楽しみたい。)




全国最大級の医療ニュースメルマガ(無料)

ホーライ製薬附属 治験推進センター(治験活性化センター)

治験、臨床試験の情報サイト

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

僕の治験活性化計画 by ホーライ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。