お勧めビジネス書とお薦めビジネス書と治験の活性化 by ホーライ

お奨め本(仕事に役立つ本)と、たまにお奨め音楽とお薦め映画 by ホーライ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゆっくりと滅び行く国。子どもの自殺を止められない国なら滅んでしまえ

▼村上龍「はじめての文学」


この小説集の前書きで村上龍はこう問題提起している。

「最近、いじめによる子どもたちの自殺が問題となり、政府が(国家が)その予防策をとっているが、今の政府(日本)に子どもたちの自殺を止める、辞めさせるだけの力があるだろうか?」

僕も同じ問題を提起したい。

子どもの自殺を止められない、辞めさせられない国なら、滅んでしまえばいい。(どうせ、そんな国は放っておいても自然に滅ぶだろうが。)


しかし、村上龍は話を続ける。

「国や政府に自殺を止めるだけの力は無いかもしれないが、ある限定された状況なら、文学、小説、詩などは、自殺を食い止めることができるのではないか。」

その言葉は村上龍、自らの体験に基づいたものなのだが。


そして、村上龍の文学入門編が始まる。

短編集なのだが、どうしても、彼の意向で「希望の国のエクソダス」の最初の3章だけが入っている。


もし、この本を手に取る運命にあった少年、少女たちは、きっと「希望の国のエクソダス」に希望を見出したいという一縷の(それこそ)希望を繋げるかもしれない。

そして、きっと、ある限定的な範囲では、その希望が満たされることだろう。


もし、見出せなかった子どもたちがいたら、その子たちに、僕たちは何が出来るのだろう?



村上龍「はじめての文学」














全国最大級の医療ニュースメルマガ(無料)

ホーライ製薬附属 治験推進センター(治験活性化センター)

治験、臨床試験の情報サイト

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

僕の治験活性化計画 by ホーライ


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。