お勧めビジネス書とお薦めビジネス書と治験の活性化 by ホーライ

お奨め本(仕事に役立つ本)と、たまにお奨め音楽とお薦め映画 by ホーライ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スキマスイッチ?いえいえ「光スイッチ説」とは?

眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く


進化論の祖ダーウィンが終生悩んだ謎が二つある。

一つは、なぜカンブリア紀以前の地層から化石が見つからないのか?

もう一つは、眼という「完璧にして複雑な器官」が進化によって説明できるのか?


本書によって、この二つの問いがふいにつながり、眼の誕生がもたらした壮大な進化ドラマが見えてきた。


5億4300万年前、カンブリア紀の始まりと同時に、生物は突如、爆発的に進化した。

「カンブリア紀の爆発」として知られるこの急激な進化は、なぜ起こったのか?


その謎に挑んだ若き研究者は、もともと貝虫類というミジンコなどの仲間を研究していた。

ある日、貝虫がきらりと光る。

その光に魅せられ、生物の体色研究にのめりこんだ彼は、バージェス動物の体色を現代に甦らせ、ついにカンブリア紀の爆発の謎にたどりつく。


カギを握るのは「光」。

光は生物進化にいかなる影響をもたらしたのか?

地球最初の眼が見た光景とは?

そして生物学、地質学、光学、化学などの最新の成果から見出した「光スイッチ説」とは?

画期的アプローチで生命史の大問題に挑む。

まさに目からウロコの興奮と驚き、生命進化の奥深さを実感する書だ。


生物はなぜ、突然、爆発的に進化したのか?

そのカギをにぎる「光スイッチ」とは―。

生命史最大の謎に迫る、驚きの新仮説。




そもそものはじまりはカンブリア紀。

聖書にある通り「先ず光あれ」。

光スイッチ→視覚→脳の発達、という脈絡でこの時期動物が急速に進化したというのがメインプロット。

そして「ものを見ると言うことはどういうことか」について古生物、深海、哺乳類と鳥類・・・とさまざまな角度から語られる。

我々の感覚インプットで最も重要な視覚をテーマにした一級のサイエンス・レクチャー。


これはドキュメンタリー小説だ。

聡明で好奇心旺盛でかなりお茶目な青年科学者が、自分の専門領域でのひょんな発見をスタートとして、最終的には生命史最大の謎、カンブリア爆発の原因を解明する物語である。

著者はポピュラーサイエンスの使命をはっきりと自覚して、徹頭徹尾平易な文章で通している。

また、著者の人格に由来するのだろうが、素直な感動を率直に書き進めて行く手法は、臨場感に溢れ読者の共感を呼ぶ。

つまり読んでいて滅法面白い。


以前コンラート・ローレンツの説をリチャード・ドーキンスがばっさり切り捨ててるのを読んで、ポピュラーサイエンスレベルのミーハー読者の私はローレンツを無自覚に盲信していたんだな~、と気付いて笑ってしまったのだが、本書の『光スイッチ説』にもあっさり説得されて盲信しそうだ。

それにしても、“宇宙の晴れ上がり”ならぬ“地球の晴れ上がり”の瞬間があったかと想像するだに感動的だし、「環境中にはさまざまな波長の電磁波が飛び交っているが、色はない。色は脳のなかにしか存在しない。」の一文は、科学的に厳然とした真実であると同時に詩的に美しい。


2006年も残りわずか。今のところ本書が今年のベストです。


(楽天)

眼の誕生





(アマゾン)
眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く





(ビーケーワン)

眼の誕生

眼の誕生






仕事の達人になる方法(サイト版)

極める!「ホーライ・ブックセンター」

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

音楽が無ければ始まらない

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

架空の製薬会社「ホーライ製薬」
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。