お勧めビジネス書とお薦めビジネス書と治験の活性化 by ホーライ

お奨め本(仕事に役立つ本)と、たまにお奨め音楽とお薦め映画 by ホーライ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

箱根駅伝の醍醐味が味わえる『風が強く吹いている』

無名の大学で、しかもほとんど長距離走は初めて、というど素人集団の10人が「箱根駅伝」を目指す物語。

10人がそれぞれ主人公と言ってもいいくらいイキイキと個性鮮やかに描かれている。
ひとりの青年の静かだが熱い情熱が、じょじょに10人をひとつにしていくあたりはとても「いい感じ」だ。

『風が強く吹いている』で、いかに駅伝は一人のスターだけでは勝てないことが分かる。
10人がそれぞれ戦略を持って走る順番まで決められ、全員の地道な努力とチームメンバーへの思いが大切かを知ることができる。
だから、日本人はお正月の「箱根駅伝」(に限らず駅伝)を観るのが好きなんだろう。

『風が強く吹いている』のラストシーンでは熱いものが流れてくる。


僕もかつては『風が強く吹いている』のを感じたことがあったはずなのに。


風が強く吹いている




風が強く吹いている






ホーライ総合ショップ お勧めビジネス書から音楽CD、名作DVD、健康食品まで
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。