お勧めビジネス書とお薦めビジネス書と治験の活性化 by ホーライ

お奨め本(仕事に役立つ本)と、たまにお奨め音楽とお薦め映画 by ホーライ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「依存する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか

仕事に対して消極的、ものごとを判断できない、自分の意見を主張しない、といった部下に対する上司の不満は、どこの会社に行っても聞く。

ビジョンがあいまい、人間的に尊敬できない、仕事の成果を正しく評価してくれない、といった上司に対する部下の不満というのも、いつの時代でもある。


上司と部下はどうしてこうもわかりあえないのだろう?


ビジネスリーダーに求められていることは、メンバー一人ひとりの能力を最大限に引き出し、相乗効果を発揮できるチームワークを形成し、組織の目標を達成することだ。

ビジネスの世界は、スポーツなどと比べ、短期間で結果を求められることは少なく、メンバーの入れ替わりも激しくはない。
ということは、ひとたびチームワークを醸成するモデルが確立されれば、長期にわたって有益な成果を達成することが可能になるはず(そう期待する)。


組織のパワーを100%発揮させるには、メンバー個々のチームに対する精神的成熟度を把握し、大変だがタイプ別にアプローチする必要がある。


問題は自分以外にあると考える「依存者」、成果は自分一人であげたものと考える自己中心的な「勝者」、充実感や達成感を味わえない「分岐点に立つ人」──これらの人々を、自分自身を知り、周囲を動かしていく「主体者」、さらにはチームワークを構築し、新たな価値を創造する「協働者」へと導くにはどうしたらよいのか。


本書『依存する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか』では「聞く」「ペーシング」といった基本的な技術を押さえ、「依存者」から「主体者」へステージアップするための10の方法を段階を追って紹介している。


ビジネスのみならず、どんな人間関係においてもコミュニケーションが劇的に好転するノウハウだ。


「問題は自分以外のところにある」と考える「依存者」から自分を知り、周囲を動かす「主体者」へ、そんなOJTをやるための本です。


「依存(いぞん)する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか




「依存する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか






OJTの本を楽天で探す

OJTの本をアマゾンで探す





ホーライ総合ショップ…厳選されたお勧めビジネス書から音楽CD、名作DVD、健康食品まで
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

高画質を目指した1本道ハイビジョン動画!
臨場感あふれるオリジナルムービーを御覧あれ!

| URL | 2007年01月08日(Mon)13:37 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。